8月のごはん

ラタトゥイユスタイルとインゲンのにんにく和え 【15分レシピ】

作業時間約15分で作る今夜のごはん。簡単レシピで今日も気分を上げちゃいましょう。

 

ラタトゥイユといえば、夏野菜を煮込んだ、フランス・ニースの郷土料理。

たくさんのお野菜を取ることができるし、煮込むだけという手軽さなので、我が家では夏場に限らずちょくちょく登場するメニューです

 

”本格的な”作り方だと、香草を入れたりワインで煮込んだりしますが、ここは簡単レシピかつMaiko styleゆえ、だいぶショートカットしてあったり、鶏肉が入っておりますので、ここはご愛嬌。ということで!

 

 

作業時間:20分  トータル時間:25分

用意するもの

なべ ボウル

 

今日の材料

ラタトゥイユスタイル

  • なす 1本
  • ズッキーニ 1本
  • ピーマン 2個
  • 人参 1本
  • じゃがいも 1個
  • トマト 2個
  • 鶏むね肉 200g
  • オリーブオイル
  • にんにく
  • 水 材料が浸るくらい
  • 白ワイン 50cc
  • 塩・こしょう

パプリカや玉ねぎやかぼちゃなどの”夏野菜”はもちろん、”夏野菜”に限定せず、いろんな野菜を入れてお楽しみください

 

インゲンのにんにく和え

  • インゲン 適量
  • 桃屋きざみにんにく 適量
  • 塩・こしょう

 

 

つくりかた

  • STEP01
    お湯を沸かす
    トマトの湯むきと、いんげんを茹でるようのお湯を沸かす
    湯むきした後にいんげんを茹でるので、ひとつのなべに一度だけ沸かします
  • STEP02
    野菜と鶏肉をカットする
    トマト、にんにく以外の野菜を一口大にカットする
    にんにくはみじん切りにする
    鶏肉を一口大より少し大きめに切ると、食べた時に食べ応えが出てきます

    時間をかけずに仕上げるために一口大にしていますが、じっくり煮込む場合は大きめのサイズがおすすめ

  • STEP03
    トマトの湯むきをする
    お湯が沸いたら、トマトに十字の切れ込みを入れて、湯むきする

    湯むきすることで、口当たりが良くなります
  • STEP04
    いんげんを茹でる
    トマトを取り出したお湯で、いんげんを茹でる
    茹であがったら冷ましておく
  • STEP05
    ラタトゥイユの材料を炒める
    なべにみじん切りにしたにんにくとオリーブオイルを入れて火にかける
    しばらく炒めてにんにくのいい香りがしてきたら、鶏肉を入れる
    鶏肉の表面に火が通ったところで、じゃがいも・人参を入れて炒める
    じゃがいも・人参の表面の色が変わったらトマト以外の野菜を入れて炒める
  • STEP06
    煮込む
    野菜全体にオリーブオイルがまわったら、白ワインを入れて煮込む
    白ワインのアルコールが飛んだら、トマトと水を入れて蓋をして煮込む
  • STEP07
    インゲンの味付け
    インゲンは3〜4㎝の幅に切り、桃屋きざみにんにくで和える
    冷蔵庫で休ませ、味をなじませる
  • STEP08
    ラタトゥイユの仕上げ
    なべの水分が減ったきたら、塩・こしょうで味を調える
  • STEP09
    盛り付け
    できあがり

 

 

“簡単レシピ”なので、短時間でできて味もあっさり目です。

時間がある時には、先にトマトソースを作って、お野菜を炒めたラタトゥイユを作ってくださいね。

そちらの方が、冷めても美味しくいただけます。

 

ぜひお試しあれ。

ABOUT ME
Maiko Koshiko
Maiko Koshiko
お料理はあんまり好きじゃない。だけど、見栄えのいいおいしいご飯が食べたい。そんなわたしが日々作っている作業時間約15分でできるごはんのメニューをまとめたサイトです。すごく便利だと思っているツールなんかもご紹介します。