夏のレシピ

蒸し鶏とロメインレタスのサラダ【15分レシピ】

作業時間約15分で作る今夜のごはん。簡単レシピで今日も気分を上げちゃいましょう。

 

炊飯器が占領されるという理由でなんとなく気乗りしなかった「炊飯器を使った低温調理」ですが、やってみたらハマってしまいました。

こんなに手軽に美味しく低温調理できるんなら、早く取り入れればよかった〜!

 

蒸し鶏と合わせたロメインレタスは、シーザーサラダに使われることが多いですが、蒸し鶏がエスニックテイストということもあり、シーザーサラダではなくオリーブオイル&にんにく&レモン&トロピカルソルトでさっぱり仕上げました。

蒸し鶏の味付けをもっとさっぱりさせたら、シーザーサラダにも合いますよ。

 

 

作業時間:15分  トータル時間:1時間20分

用意するもの

鍋 ジップロック 炊飯器

 

今日の材料

蒸し鶏

  • 鶏肉(むね肉もしくはもも肉) 1枚
  • 岩塩
  • すりおろしにんにく 1かけ分
  • すりおろししょうが 1かけ分
  • お酒 大さじ1

 

ロメインレタスサラダ

  • ロメインレタス 3枚
  • ミディアムトマト 1個
  • オリーブオイル
  • にんにく
  • レモン汁
  • トロピカルソルト

にんにく、たまねぎ、ローレル、パプリカ、パセリ、バジルなどが入っており、肉料理・魚料理・サラダにも使えるトロピカルソルト。

こちらは以前は群馬県大泉町内のブラジルスーパーで購入していましたが、ここ数年は取り扱わなくなってしまいました。
現在通販等の取り扱いがあるのは、滋賀県にあるブラジルスーパー「パトリアミンニャ」。

日本のスーパーではあまりお目にかかれない食品や、アサイー・ココナッツドリンクなども購入できますよ。

パトリアミンニャ

 

 

つくりかた

  • STEP01
    鶏肉の下ごしらえ
    鶏肉にフォークで穴を開け、両面に塩をまぶします。
    鍋にはお湯を沸かしておきます。

    鶏肉にフォークで穴を開けることで、味が染み込みやすくなります

  • STEP02
    蒸し鶏の材料を合わせる
    ジップロックにと下ごしらえをした鶏肉を入れ、袋の中で全体をなじませます。
    ジップロックの中の空気を最大限抜いて、真空に近い状態にしておきます。
  • STEP03
    低温加熱
    炊飯器にジップロックに入れた鶏肉を入れ、全体がかぶるくらいのお湯を入れて、炊飯器の保温スイッチを押します。


    保温調理時間は約1時間です。

    ジップロックだけでは心配というときは、口止めクリップを使って閉じておくと安心。

     

  • STEP04
    サラダの下ごしらえ
    ロメインレタスは食べやすい大きさに切り、トマトは8頭分にします。
  • STEP05
    盛り付け
    お皿に野菜と食べやすい大きさに切った蒸し鶏を盛り付け、をかけたらできあがり。

 

 

サラダドレッシングとして、オリーブオイル&にんにく&レモン&トロピカルソルトをよく使うのですが、オリーブオイルとにんにくは加熱調理でも使うので、小瓶に合わせたものを作っています。

これがあるだけで、時間がぐっと短縮されますよ。

 

蒸し鶏を作る際、にんにく・しょうがを入れず、塩麹で味付けすれば、まろやかな味わいになります。

また、冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもおすすめです。

 

ぜひお試しあれ。

ABOUT ME
Maiko Koshiko
Maiko Koshiko
お料理はあんまり好きじゃない。だけど、見栄えのいいおいしいご飯が食べたい。そんなわたしが日々作っている作業時間約15分でできるごはんのメニューをまとめたサイトです。すごく便利だと思っているツールなんかもご紹介します。